ガーデニング

玉砂利のある庭を手に入れる│専門家に依頼しましょう

木を成長させるには

剪定

木や花などの植物を成長させるためには、定期的に手入れを行なう必要があります。手入れには剪定と呼ばれている作業があって、これが植物の枝や葉を切り取る作業のことです。木や葉を切り取ることで、植物を成長させることができるのかと疑問に思う人も多いでしょう。木は成長すると枝と葉を増やしてどんどん広がっていきます。そうなると、成長して伸びた枝や葉にしか太陽の光が当たらないので他の箇所は光合成ができません。そうなってしまうと根に栄養が届かなく、支えきれずに倒れる可能性があります。剪定を行なうことで木全体に太陽の光を当てて、全体に栄養が行き渡るようにできるのです。この作業は木を成長させる以外にも意味があって、木の見た目をキレイにするという効果が含まれているのでしょう。枝葉が増えすぎた状態は、決してキレイな見た目とはいえないのでそれを防ぐためにも切り取る必要があります。他にも葉が多すぎると、害虫を大量に発生するという問題もあるので害虫予防のために必要な手入れです。剪定を行なう際に注意することは、ただ枝や葉を切り取ればいいということではありません。その木にとって不要な部分を切り取らないといけないので、必要な部分を切ると成長に大きく影響を与えます。木や剪定に関する知識がない人が行なってしまうと、失敗する恐れがあるので業者に依頼しましょう。業者が手入れをしている所を見れば、どの部分を切ればいいのか分かりますし業者から手入れのアドバイスを受けれます。